正社員のようには稼げない

食事

介護福祉士の働き方には正社員で働く他に、契約社員、派遣、パート、アルバイトで働く事ができます。正社員で働けば昇給やボーナスなどがあり、年収は300から400万円程度になりますが、責任のある仕事を任されてしまいます。主婦や子育てをしている場合には仕事と家事を両立しやすい働き方はパートで、自分の生活スタイルに合わせて働く事ができます。しかしパートとなると正社員のように稼ぐ事は難しく、時給は地域や職場によって異なり1000から1200円となっており、時給に幅があるのは業務内容や資格、スキルによっても異なります。パートなら正社員のように責任のある仕事は任されることなく、サポート的な仕事が多くなるため、キャリアアップにつなげることは難しいです。

ブラックではなく条件の良い求人を探すには

介護士と老人

介護福祉士は特別介護老人ホームや、介護老人保険施設、介護付き有料老人ホームなどで働く事ができ、パートの場合には求人サイトなどから探す事ができます。求人の探し方はパートに限らず事前の情報収集がとっても大切で、なぜかと言うと介護業界はブラックと言われる事が多いからです。以前と比べるとかなり改善はされてきましたが、まだブラックな施設がある事は事実なので、応募する前にきちんとリサーチする必要があります。施設の方針や理念を調べてみたり、施設の見学、たくさんの求人をみるといいでしょう。介護施設と言っても色々な種類があるため、どこの施設に応募したらいいのか迷ってしまいます。また介護施設によって仕事内容や時給も違ってくるため、条件の良い求人を見つけたいならより多くの媒体を利用して求人を探しましょう。一般的な求人サイトでも介護福祉士のパート求人を探す事はできますが、できれば介護専門の求人サイトを利用すると、介護に詳しいスタッフからアドバイスを受ける事ができます。

働き方のメリットとデメリット

手

介護福祉士をパートで働くメリットはなんと言っても時間の融通がきくことで、勤務日数や勤務時間を選ぶ事ができます。また残業はほとんどなく、パートならワークバランスを保つ事ができ、万が一辞めたくなっても辞めたい時にすぐ辞める事ができます。しかしパートで働く場合にはデメリットもあり、昇給も期待できずボーナスもないので給料の低さがデメリットです。夜勤のパートなら昼間の仕事の時給より高めに設定されているので、効率よく稼ぎたいなら夜勤のパートを探してみるといいでしょう。介護福祉士は色々な働き方ができますが、働き方によって収入や仕事内容も違ってくるため、どのような目的で働くのか明確にし、自分にあった働き方を選ぶ事が大切です。

広告募集中