HOME>記事一覧>キャリアを考えて実務経験を積んでいくことができるのが魅力

高時給で働ける

資格が必要な介護福祉士という仕事では、専門職ということでパートであっても高時給で働くことができます。介護福祉士の資格があると良いですが、ホームヘルパーの資格があれば、訪問介護から仕事を始められるのも魅力です。

自分の都合で柔軟に働く

介護の仕事に参入する女性がとても多いです。介護福祉士の資格を有する女性がパートと言う働き方を選ぶ理由は、家庭との両立をしながら仕事に取り組むことができるという点です。特に、子供が小さい家庭では、時短で働くことを希望する女性介護スタッフが少なくありません。正社員の場合は時間通りに働くことが求められますが、パートの介護福祉士であれば、自分の都合に合わせて柔軟に働く時間を選択することができるというメリットがあります。

キャリアアップを考える

パートという働き方は、介護業界ではキャリアアップとしても有効です。はじめはホームヘルパーの資格を取得し、パートから始めるという人も少なくありません。最終目標を介護福祉士の資格取得に掲げて、まずは実務経験を積みながら介護の仕事を覚えて行くことも可能です。介護福祉士は介護業界で働く上では重要な資格ですが、その資格がなくてもできる仕事というのはあるのです。

広告募集中